理論と実践 カラーマネジメント講座〜CG・VFXでのカラーマネジメント〜

4月開催VFX-JAPANセミナーのご案内

Pocket
LINEで送る

4月開催セミナーは、最近のCG・VFX業界で興味を持たれているカラーマネジメントシステム(CMS:Color Management System)をテーマに開催致します。
映像制作の全行程に関係するCMSの導入によって、品質の向上、作業効率の向上、経費削減の実現が可能となります。
今回のセミナーでは、豊富な知識と経験をお持ちの株式会社パーチの長尾健作代表に、カラーマネジメントの理論と実践について解り易いレクチャーをお願いしております。
カラーマネジメントの第一人者からの解説を聞く貴重な機会となりますので、是非ご参加下さい。

【開催内容】

講演タイトル 理論と実践 カラーマネジメント講座
〜CG・VFXでのカラーマネジメント〜
講演者 長尾健作氏
(株式会社パーチ 代表)
日時 平成27年4月17日(金) 18:30~20:00 (18:00開場)
場所 WATERRASCOMMONホール(ワテラスコモンホール)
東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地ワテラスタワー3階
http://www.waterrascommon.com/access.html
主催 一般社団法人VFX−JAPAN
協力 京楽ピクチャーズ.株式会社
株式会社ボーンデジタル
EIZO株式会社
CG-ARTS協会(公益財団法人 画像情報教育振興協会)

【講演概要】

高詳細デジタル撮影機器、高機能なCPU・GPUを実装したワークステーション、高速なストレージシステム、時代の要請に応じた色域の広い高解像度ディスプレイ、それらの機能をフル活用できるCG・VFXアプリケーション群の登場によって映像制作環境は一変しました。
映像作品の制作ワークフローが高度になっていく中で、誰もがやらなければと思っていながら、手がついていない課題の一つにカラーマネジメントがあるのではないでしょうか。
最後はポスプロでカラコレといったマジックワードが聞こえてきます。
多くの会社やチームメンバー間で統一の取れたカラーマネジメント環境が揃っていれば、作品の質の向上やトラブルの低減といった利点だけではなく、互いの信頼の向上といった貴重な副産物を得ることができます。
本セミナーは、カラーマネジメントの理屈がイマイチ理解できていない、概要は理解しているけど具体的にどうすればいいのかわからない、今使用しているアプリケーションで実現するにはどうすればいいのかわからないといった方々にカラーマネジメントの理論と実践をわかりやすく解説する90分間のセミナーです。

 

【講演者プロフィール】

pict_nagao

長尾 健作(ながお けんさく)氏

(株式会社パーチ 代表)

グラフィックデザイナー・レタッチャーとして、adidas、アイムス、サンキストなどの広告を制作。その後、国内最大手の広告写真制作会社(株)アマナ入社。事業開発/制作事業部の組織作り/人材採用に深く携わる。3DCG制作などの事業立ち上げを行った後、(株)パーチを設立。
独立後は広告業界・製造メーカーに向けて、3DCGによる新しい広告制作手法の導入サポートを行う一方で、自身も「3DCGフォトグラファー」として活躍。
また、長年の広告制作で構築したカラーマネジメント運用ノウハウを、3DCG業界向けに再構築し、セミナーやパイプライン作りのサポートを実施。「CGWORLD.jp」や「Autodesk AREA JAPAN」のコラムでは、カラマネ関連情報などを連載中。
このほかカラマネに限らず、3DCG制作の品質向上に役立つセミナーを行うなど、今、業界で必要とされている情報を発信中。

【お申し込み方法】(VFX−JAPAN会員、協力団体様限定)

法人賛助会員様は一社5名様まで、個人正会員様は同伴者1名と
させて頂きます。

本セミナーの参加受付は定員に達したため受付を終了いたしました。
たくさんの申し込みありがとうございました