劇場「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」メイキングセミナー

6月開催VFX-JAPANセミナーのご案内

Pocket
LINEで送る

映像制作におけるCGの役割が年々増していく中、その表現手法も多様化を迎えています。今回のセミナーでは、話題作「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」を題材に、東映アニメーションがチャレンジした、絵作りの制作手法について、メインスタッフ5名様にご講演頂きます。今後のCG業界の発展に寄与することができればと思い開催させて頂きます。
img_ss
©2014 車田正美/「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会

present

【開催内容】

講演者 さとうえい氏:CGディレクター
宮本浩史氏:キャラクターデザイン&キャラクタースーパーバイザー
鄭載薫氏:エフェクトスーパーバイザー
芦野健太郎氏:リードライティングアーティスト
佐藤直樹氏:テクニカルディレクター
日時 平成26年6月13日(金) 19:00~21:00 (18:30開場)
場所 WATERRASCOMMONホール(ワテラスコモンホール)
東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地ワテラスタワー3階
http://www.waterrascommon.com/access.html
主催 一般社団法人VFX−JAPAN
共催 東映アニメーション株式会社
協力 京楽ピクチャーズ.株式会社、公益財団法人CG-ARTS協会

【講演概要】

劇場「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」メイキングセミナー
~キャラクターデザインからパイプライン開発まで~

東映アニメーションデジタル映像部による初の長編フルCG映画「聖闘士星矢LEGEND of SANCTUARY」その大規模プロジェクトの制作工程を5名のメインスタッフが解説!
キャラクターデザインからパイラインの開発に至るまで東映独自のフローも含め詳細にご説明頂きます

【講演者プロフィール】

toei_stuff_satoさとう えい氏
CGディレクター

フロムソフトウェア, 白組, スクウェアエニックス, を経て2011年8月に東映アニメーション・デジタル映像部に入社。これまでに、フルCG,アニメ、実写等様々なジャンルでジェネラリストとして活動し、50タイトル以上の作品に関わる。

toei_stuff_miyamoto宮本 浩史氏
キャラクターデザイン&キャラクタースーパーバイザー

プロダクションIG、スクウェア・エニックス でのデザイナー業務を経て2010年7月に東映アニメーション・デジタル映像部に入社。アニメ・実写・フルCGの映像制作でディレクター、アニメーター、モデラーとして関わる。本作では、キャラクター/聖衣デザイン、キャラクターモデリングSVを務める。

 

toei_stuff_tei鄭 載薫氏
エフェクトスーパーバイザー

2010年8月に東映アニメーション・デジタル映像部に入社。2012年夏に劇場公開された「アシュラ」ではテクニカルディレクターを務めアニメーション部門で第66回映像技術賞を受賞。

 

toei_stuff_ashino芦野 健太郎氏
リードライティングアーティスト

ゲーム開発や遊技機等のCG映像を経験の後、2013年より聖闘士星矢の映画プロジェクトにライティングアーティストとして参加。MELやPythonを用いたテクニカルディレクター的な立ち回りを得意とし、ツール開発にもデザイナーの立場から積極的に参加。

 

toei_stuff_saton佐藤 直樹氏
テクニカルディレクター

デジタル・フロンティアでのデザイナー・開発業務を経て2008年3月に東映アニメーション・デジタル映像部に入社。アニメ・実写・フルCGの映像制作にデザイナーとして携わりつつサポートツールやパイプライン開発にも従事。本作では、ライティングとテクニカルディレクターを務める。

【お申し込み方法】(VFX−JAPAN会員、協力団体様限定)

法人賛助会員様は一社5名様まで、個人正会員様は同伴者1名と
させて頂きます。

本セミナーの参加受付は定員に達したため受付を終了いたしました。
たくさんの申し込みありがとうございました